松江 バイト看護師

命を預かる仕事の大変さ

看護師の退職理由としてやはり妊娠を契機に一度退職するか働き続けるかで考える人は多いと思います。
働く場所(病院、診療所・クリニック)や部署(病棟や外来)にもよりますが、看護師の女性は一般の女性に比べ流産しやすいと言われているからです。
勤務形態も夜勤などあり不規則な生活リズムですし、業務内容も前かがみになったり、患者の移動や体位変換などがあるのでどうしても流産するリスクが本人が気をつけていてもなってしまうことがあります。
夜勤中に必ず十分な休憩がとれるとも限りませんし、夜勤中に不穏になる患者もいて、お腹の子を出産するまで守れるか心配だという声も聞かれます。
そのため、妊娠を契機に一旦退職するか、産休まで仕事を続けるか、産まれたあとは直ぐに復帰するか、育児休暇を取るか、子供がある程度の年齢になるまで職を離れるかと考えるので、人によっては子供を優先して、妊娠を境に退職する人もいます。
昨今はマタニティハラスメントという言葉もあり、妊婦には働きづらい環境だったりもするのでしょう。
様々なストレスを抱えながら産休まで働くくらいなら妊娠を機に一旦現場から離れるのは私は賛成です。
せっかく授かった命ですから無事に出産して欲しいと思うのは他のスタッフの願いでもあるので、止めることはしません。
看護師の資格は一度取得してしまえば、なくなることはありません。産後に育児が落ち着いて働きたくなったときに同じ病院や部署で働くことも可能ですし、別の環境で働くことも可能なのが強みといえるでしょう。
最近はブランクがある看護師でも採用した際にブランクを取り戻すために研修を行う病院が増えています。
そういったことからも復職はしやすいので妊娠を契機に退職するのはありだと私は思います。